歯周病は初期の治療が肝心です

歯周病は以前は「歯槽膿漏」と呼ばれていました。
歯槽膿漏とは、「歯ぐきから膿(うみ)が出る病気」という意味ですが、その他にもさまざまな症状があることから、今では「歯周病」と呼ぶようになりました。 歯周病とは歯に付着した歯垢(プラーク)の中の細菌によって引き起こされる感染症です。
歯垢の中の細菌の毒素により、歯肉に出血、腫れなどをともなった炎症が起こり、その後、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。
歯周病が悪化すると、歯が抜け落ちたり全身疾患を引き起こす引き金になりかねませんので、早期発見、早期治療がとても重要です。

歯周病進行

歯周病治療は歯垢の除去と細菌の除去

歯周病は細菌の感染から引き起こされる感染症であり、細菌が住みにくい環境とするための適切なクリーニングによる処置と細菌そのものを除去するためのPOICウォーター(POICウォーターのページをご覧ください)によるケアが治療の中心となります。 当院の治療の特徴は、POICウォーターを使用することで、治療中の再感染の予防と再発防止ができることにあります。
POICウォーターは、歯ブラシで届きづらいところの歯垢を分解除去するだけでなく、殺菌力が非常に高いので、歯周病菌の除去にも効果を発揮します。

歯槽膿漏の治療

POICウォーターを用いて歯槽膿漏の治療、予防をしていきます。
薬品を一切使用せず歯垢の分解と殺菌ができます。
あくまで、私自信の考えですが、歯磨き粉はもう必要ありません。

ご予約・お問い合わせ

トップページへ戻る