健康な歯を維持するために

高齢者で残っている自分の歯は平均10本と言われます。
幼少時から大人になり、そして高齢者となる間に、ケアしないままでいると、歯を失い機能的に衰えていくだけでなく、歯周病などを引き起こす細菌が増え続け、慢性疾患や心臓疾患、血管系の疾患などを引き起こすと言われています。
皆様が歯医者にかかる理由は、歯が痛んだり、違和感を持った際に治療をしてもらいたい、ということになると思います。しかし、むし歯を治療し、歯周病を治療したとしても、お口のケア方法を改善しないと再発してしまうことが多く見受けられます。
当院では予防歯科に力を入れております。(POICウォーター
) 患者様には治療が終わった後も、正しいケアをして、健康な歯を長く維持していただくために、定期的なご来院をお願いしています。

身体の健康は口の健康から

私たちは身体の健康には非常に気をつかいますが、口の中はついついおろそかになってしまいます。
実はお口の中には300~400種類の細菌が存在していて、その数は歯をよく磨く人でも1,000億個~2,000億個、ほとんど磨かない人では1兆個もあると言われています。
細菌は舌の表面、口蓋部分、歯ぐきなど様々な箇所に存在していて、ブラッシングだけで除去するにはとても難しいです。
細菌の中には歯周病を引き起こす細菌もあり、その菌は糖尿病、心疾患、血管系疾患、などへ関与が報告されています。
むし歯や歯周病などの治療だけにとどまらず、口腔内の健康をコントロールすることを通じた予防ということが当院をはじめとした歯科に求められる役割だと

当院の予防治療はブラッシング指導とPOICウォーター

予防に大事なことはプラークコントロールと細菌対策です。
当院では、適切なクリーニングやブラッシング指導とPOICウォーター
でのホームケアをお勧めしております。
「むし歯で歯が痛い」「歯ぐきが腫れている」等で治療されるために来院いただくことから、「むし歯や歯周病、歯槽膿漏にならないように、お口の健康を維持すること」という予防目的でご来院いただくようになることが理想的です。

ご予約・お問い合わせ

トップページへ戻る